竹ノ塚・舎人で小児歯科が得意な歯医者

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分 「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:30 ×

※最終のご予約は診療終了の30分前です。
休診日:日曜、祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3857-9418

当院の虫歯治療

麻酔の工夫で痛みの少ない治療を

歯医者には「痛い」というイメージがつきものです。そしてその痛みが苦手で、歯科の受診をためらっている方も少なくありません。当院はそんな患者さまを一人でも多く救いたいと強く願い、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療をご提供しています。

治療中の痛みを軽くするのに有効なのは麻酔です。しかしこの麻酔注射自体が痛みをともないます。そこで当院では、麻酔の方法にさまざまな工夫を凝らし、負担の少ないスムーズな処置で、歯科治療の痛みを軽減させる取り組みを行っています。

たとえば、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用するのがその一例です。あらかじめ麻酔がかかった状態で注射を打ちますので、針が刺さる痛みを減らせます。また、注射針は細ければ細いほど刺さるときの痛みが少なくなるという特徴を活かし、当院では日本で入手できる最も細い針を採用しています。そして麻酔液を注入する際は、少しずつ時間をかけてゆっくりと。当院の院長は長年の経験から、痛みを感じにくい注入速度を熟知し、細心の注意を払った丁寧な処置を心がけています。

なるべく削らず、歯を長持ちさせます

歯は削れば削るほどもろくなります。そして虫歯が再発しやすくなってしまいます。患者さまの生まれ持った大切な歯を長持ちさせるには、なるべく削らない方が良いのです。

そのため当院は、虫歯の部分だけを削る「MI治療(ミニマルインターベンション)」に取り組んでいます。MI治療では、虫歯に侵されていない健康な部分はできるだけ削らないようにし、大切な歯を守ります。

虫歯の部分を削る際には「歯科用ルーペ」と呼ばれる専用の虫眼鏡を使用。この歯科用ルーペは歯を大きく拡大して確認できますので、不必要に削りすぎることがありません。また、削るべき部分の判別には「う蝕検知液」という、虫歯に侵された部分だけを識別できるお薬を使います。虫歯の部分を明確化することで、どこを削れば良いかがハッキリとわかり、削りすぎを防ぐことが可能です。そして、歯を削る際にはMI治療専用の極細のバー(歯を削る器具)を用いて、少しずつ丁寧に削っていきます。

患者さまの歯を少しでも長持ちさせられるよう、しらいし歯科医院ではこうした工夫で、なるべく歯を削らない治療に取り組んでおります。

なるべく神経を取らない治療をしています

歯の治療では「神経を取る」という治療を行うことがあります。しかし、この治療は決して最善であるとは言えないのです。

実は、歯の神経(歯髄)を取ってしまうと、歯に栄養分が行き渡らなくなります。その結果、歯はもろくなり、折れたり欠けたりするリスクが高まってしまうのです。

このような事態を回避するため、当院では痛みがあるからといってむやみに神経を取るような治療をいたしません。患者さまのご希望や歯の状態を見ながら、時には経過観察の時間を十分にとり、できるだけ歯を長持ちさせるような治療を行っています。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

場合によってはCTを使用する場合もあります。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

アクセス・駐車場のご案内

当院専用駐車場は入口を入り右手手前の4台分のスペースとなります。