竹ノ塚・舎人で小児歯科が得意な歯医者

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分 「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:30 ×

※最終のご予約は診療終了の30分前です。
休診日:日曜、祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3857-9418

ブリッジ治療とは

ブリッジ治療とは?

みなさん『ブリッジ治療』をご存知でしょうか。ブリッジは1本~数本の歯を虫歯や歯周病で失った場合に適応される治療法の1つです。その他にもインプラントや部分入れ歯などの治療法があげられますが、今回はブリッジ治療について詳しくご紹介して参りましょう。

 

ブリッジ治療について

虫歯や歯周病で歯を失った場合に、歯の機能を回復するため、両隣の歯を支えにするため橋をかけ、人工歯を支える治療法です。両隣の歯があれば、奥歯でも前歯でも適応されます。一番奥の歯を失った場合はブリッジが適応されず、部分入れ歯かインプラントが適応となります。

 

ブリッジ治療のメリット・デメリット

メリット

【健康保険適応】

ブリッジは保険診療が適応になりますが、メタルボンド・硬質レジン前装冠などは自費診療(全額自己負担)となります。

【外科手術の必要がない】

ブリッジは外科手術が必要ありません。

【着脱する必要がない】

入れ歯の場合には、その都度はずして清掃をしなくてはなりませんが、ブリッシの場合には、着脱する必要はありません。

 

デメリット

【健康な歯を削る必要がある】

両隣の歯が既に治療を行ない被せ物(補綴物)の場合には、被せ物を外し、新たにブリッジを装着することはそれほど問題ではありませんが、両隣が健康の歯であった場合は、健康な歯を削らなくてはなりません。

 

以上、今回はブリッジについて詳しくご紹介して参りました。ブリッジのメリットとデメリットを把握して治療に臨みましょう。

 

アクセス・駐車場のご案内

当院専用駐車場は入口を入り右手手前の4台分のスペースとなります。