竹ノ塚・舎人で小児歯科が得意な歯医者

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分 「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:30 ×

※最終のご予約は診療終了の30分前です。
休診日:日曜、祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3857-9418

知覚過敏について

知覚過敏について

冷たい物を食べたり飲んだりした時に、歯が染みることはありませんか?    虫歯でも歯がしみることはありますが、虫歯がない場合は知覚過敏の症状かもしれません。そこで今回は、知覚過敏について詳しくご紹介して参りましょう。

 

知覚過敏症状はどんな時におきるの?

知覚過敏は以下のような場合に刺激が加わり、症状が誘発されます。

▼冷たい食べ物を食べた時

▼冷たい飲み物を飲んだ時

▼甘い食べ物を食べた時

▼酸っぱい食べ物を食べた時

▼冷たい空気に触れた時

▼歯磨き

 

知覚過敏の原因は?

知覚過敏の原因は2通りあると言われています。

1)エナメル質の摩耗

1つ目はエナメル質の摩耗です。エナメル質は歯の表面組織であり、ダイヤモンドよりも硬いとも言われています。しかし、長い時間を掛けて徐々にすり減っていき、知覚過敏を誘発することもあります。

・歯ぎしり

・過度な歯磨き

・酸う蝕

2)歯肉の後退

歯周病や加齢、過度な歯磨きによって歯肉が後退していきます。それまで歯肉に覆われていた部位が露出することによって知覚過敏の症状が現れます。

 

知覚過敏の予防や治療法は?

▼予防

知覚過敏を防ぐためには、適切な歯磨きの仕方を身に付けましょう。また、歯ぎしりや食いしばりの症状がある場合には、マウスピースの活用を視野に入れましょう。

▼治療方法

知覚過敏の治療法は以下の通りです。

・塗り薬

一般的な治療法です。初期から中期の場合に適応されます。

・レジン充填

エナメル質の摩耗が著しい場合には、歯科用プラスチックレジンで充填します。

・レーザー治療

近年、知覚過敏の治療法として有効とされています。患者さまの負担も少なく

従来ならば神経を抜くことを検討する状態の場合にも、効果が期待できます。

以上、今回は知覚過敏についてご紹介して参りました。知覚過敏でお困りの場合には、お気軽にご相談ください。

 

アクセス・駐車場のご案内

当院専用駐車場は入口を入り右手手前の4台分のスペースとなります。