竹ノ塚・舎人で小児歯科が得意な歯医者

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分 「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:30 ×

※最終のご予約は診療終了の30分前です。
休診日:日曜、祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3857-9418

歯周病の原因と放置する危険性

歯周病の原因と放置する危険性

歯周病の原因をご存知でしょうか?『歯周病』という言葉を耳にしたり、目にしたりすることもあると思いますが、歯周病の原因や、なぜ放置すると危険なのか、詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、歯周病の原因と放置する危険性について詳しくご紹介しましょう。

歯周病の原因とは?

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは細菌の塊であり、プラーク1mgあたり10億もの細菌が存在しています。プラークは酸素が少ない場所を好み、歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる溝に住み着きます。

 歯磨きが適切にできていない場合や、歯磨きを疎かにしてしまった場合、細菌が蓄積し、プラークが形成され、細菌が出す毒素によって歯肉に炎症を起こします。

 歯周病の前段階である歯肉炎の場合には、歯肉のみに炎症が認められますが、歯を支える歯周組織である、セメント質、歯根膜、歯槽骨にまで炎症が広がると次第に歯肉からの出血や膿がでるなどの症状が現れます。

何故放置してはいけないの?

ではなぜ、歯周病は放置すると危険と言われているのでしょうか。治療を行なわずにいると、細菌が出す毒素によって歯肉だけではなく、歯を支える組織であるセメント質、歯根膜、歯槽骨まで炎症が広がると歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 歯は一度抜けてしまうと、二度と生えてはこないため、歯周病の場合には、放置せず速やかに治療を行なうことが重要です。

歯周病菌は全身にまで影響を及ぼす

歯周病は歯を失うだけではなく、細菌が全身に回り心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの疾患を誘発する原因となりかねません。

以上、今回は歯周病について詳しくご紹介しました。歯周病でお困りの際には、お気軽にご相談ください。

アクセス・駐車場のご案内

当院専用駐車場は入口を入り右手手前の4台分のスペースとなります。