竹ノ塚・舎人で小児歯科が得意な歯医者

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分 「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:30 ×

※最終のご予約は診療終了の30分前です。
休診日:日曜、祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-3857-9418

乳歯と永久歯の生え変わり時期とは?乳歯と永久歯の役割について

私たち人類の歯は乳歯から永久歯へと生え変わります。当たり前のように認識されている乳歯と永久歯ではありますが、『乳歯はなぜ抜けてしまうのに、生えて来るのか?』『生え変わりの時期はいつ頃なのか?』歯のことを知っているようで、知らない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、乳歯と永久歯について詳しくご紹介しましょう。

乳歯から永久歯に生え変わる時期は?

個人差はありますが、生後6ヶ月頃から2歳~3歳にかけて下顎前歯、上顎前歯と順を追って全20本の乳歯が生えていきます。

 

5歳~6歳頃に『6歳臼歯』とも呼ばれる、第一臼歯が一番初めに生える永久歯です。乳歯が抜けることなく生えて来る永久歯であり、本人や親御さんが気づかないうちに生えていることも多くあります。

 

第一大臼歯から生え始める永久歯ではありますが、前歯、奥歯と生え変わって行き、12歳~13歳ごろに全ての永久歯が生え揃います。(親知らずを抜く28本)

 

【乳歯から永久歯に生え変わる時期】

▼上顎

中切歯・・・7歳~8

側切歯・・・7歳~9

犬歯・・・11歳~12

第一小臼歯・・・10歳~11

第二小臼歯・・・10歳~12

第一大臼歯・・・6歳~7

第二大臼歯・・・12歳~13

第三大臼歯(親知らず)・・・18歳~20歳前後

 

▼下顎

中切歯・・・6歳~7

側切歯・・・7歳~8

犬歯・・・9歳~10

第一小臼歯・・・10歳~12

第二小臼歯・・・11歳~12

第一大臼歯・・・6歳~7

第二大臼歯・・・11歳~13

第三大臼歯(親知らず)・・・18歳~20歳前後

乳歯と永久歯の役割

乳歯の役割は食べ物を噛み砕く役割と、永久歯が生えるためのスペースを確保するための役割を果たします。また、永久歯は乳歯よりもエナメル質や象牙質の厚さが2倍程あり、硬い食べ物を食べるだけの耐久性があり、生涯に渡り自身の歯で食べ物を食べることができます。

アクセス・駐車場のご案内

当院専用駐車場は入口を入り右手手前の4台分のスペースとなります。