竹ノ塚・舎人の顎関節症治療なら、しらいし歯科医院|食いしばり マウスピース

顎関節症・食いしばり

顎関節症・食いしばりについて

口腔外科を受診される方へ

顎関節症の症状は、顎の関節の痛み、ほほの筋肉の痛み、顎の開閉で関節のカクカクする音、起床時に顎が開かないなど、多くの場合噛み合わせが悪いことが原因であると言われています。そのまま放置しておくことにより、歯の方にも悪影響が出たり食生活にも痛みや、口が開けずらいなどありますので、早期の治療をおすすめしております。

顎関節症の症状

顎関節症には主に以下のような症状があります。

顎が痛む
口を開け閉めしたり、動かしたときに顎関節やその周辺の頬やこめかみが痛みます。
顎を動かすと音が鳴る
カクカク、コキコキのようなクリック音がする。
口が大きく開けられない
痛みで開けられない場合と、痛みがなくても顎関節自体の動きの制限で開けられない場合があります。
嚙み合わせに違和感がある
顎にズレが生じて、歯がうまく嚙み合わなくなることがあります。

顎関節症の原因

原因としては、食いしばり、歯ぎしり、外傷、精神的ストレス、姿勢の悪さなどのほか、様々な要因が絡み合っていると考えられます。

  • 食いしばり
  • 咬合異常
  • 歯ぎしり
  • 外傷
  • 姿勢の悪さ
  • ストレス

顎関節症の治療

顎関節症の治療は、対処療法と原因療法を行います。
対処療法としてはスプリント(マウスピース/保険診療)、原因療法はその原因に応じた生活習慣の改善や噛みあわせの調整などを行っていきます。

改善があまり見られない場合は、ボツリヌストキシン製剤注射などを行う場合もあります。


スプリント療法(マウスピースによる治療)

スプリント(顎関節症用マウスピース)を就寝時に装着することで、顎関節や筋肉への負担を軽減し、食いしばりや歯ぎしりを改善します。スプリントには、いろいろな種類がありますが、患者様お一人お一人の歯型に合わせて、医院内で製作しております。

治療の流れ (保険治療)
マウスピース矯正

マウスピース製造機
STEP1 診察
STEP2 検査(レントゲン等)
STEP3 診断
STEP4 型どり
STEP5 マウスピースセット
STEP6 定期的にチェック

生活習慣の指導、改善

「食いしばり」「姿勢の悪さ」など良くない生活習慣の指導を致します。

医院概要

医院名 しらいし歯科医院
住所 〒121-0801
東京都足立区東伊興1-16-3-102
★駐車場あり
電話番号 03-3857-9418
診療時間
10:00~13:00 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
14:30~20:30 ◯ ◯ ◯ △ ◯ △
20:30~22:00 ◯ ◯
[休診日]日曜・祝日
△…14:30~17:00

当院専用駐車場のご案内

当院専用駐車場は入口を入り右手手前の4台分のスペースとなります。

駐車場